適当あーとブログ

適当な感想祭り 絵は楽しい程度に訓練中 アート作品はみる側メイン 自分の現実的な話も

★welcome★

子供いらないけど、喪主は欲しい

f:id:sakiika2:20171010233356j:plain

  イラスト:すずしろさん 

 

どーも!!

 

実は、彼氏と別れる2週間前に、身内の不幸で実家(田舎)に帰省していました。

9月ほんと壮絶すぎたな・・。

 

緩和ケア病棟に入っていた祖母の容体が悪化したと連絡を受け、
ちょうど仕事もそこまで忙しくない時期であったこともあり、実家に帰らせてもらった。

 

祖母は、その日が越せるか?と言われていたが、
2日間強く生き延び、遠方に住む叔母の帰省を待ち、他界した。

 

残された者たちの自己満足かもしれないが、
子供、孫、ひ孫……と大勢に囲まれて、幸せだったのではないかと話していた。

 

しかし、一人いなかったのが、うちの兄だ。

 

兄は数年前、一人暮らし先で借金していることや

謎の宗教?に入っていることがわかり、
一旦うちの家族はちゃくちゃになった。

現在は、一つのメールアドレスがわかるだけで、どこに住んでいるかもわからない。

向こうにも何かいろんな事情があったのだろうが、ここまで周りをめちゃくちゃにしておいて、何も同情できない。

 

しかし、来たのだ。

通夜にも葬式にも。

 

その顔は、あまりに怖すぎた。

受付をしていた私たちにはまともに言葉をかわさず、香典を置いていった。

私たち家族にはまともにあいさつはしないのに、
親戚たちとは話をしていた。意味不明。。。

 

 

 

祖母の産んだ兄弟3人のうち、男は父一人、

そして、うちの兄弟も、男は兄一人。

 

今までやったことなど関係なく、

兄は家族の位置に座る。

 

翌日も、

遺影を持つのは兄

 私は何も持てない。

霊柩車に乗れるのは兄

 母も私も姉も、別の車。

お骨を父の次に骨壷に入れるのは兄

 

なんだか悔しかった。

 

祖母が弱ってからずっと付いていたのは、父や母や叔母だったのだ。

でも、礼儀というか、親族の血のつながりには勝てないのか。

 

血のつながりという強い深い風習に、とても悔しさを感じた。

 

なんで来たんだ。来るんだったらもった早く来いよ。
来ないんだったら完全に存在を消してくれ。
中途半端にでてくるのやめて。
頼むから被害者づらしないで・・。
今でも思い出して悔しい。

 

私だって、うまく親戚と関係構築してる訳でないけどさ。。。

 


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

帰省していた時に、強く思ったことがもう一つある。

 

いとこが子供(男の子)を連れてきたいたのだが、
一番はしゃぐ時期で、本当に大変そうだった。

 

そして、一方で、大きく育った男である兄の家族の私たちも大変。

 

働いて子供達を育てて喪主をしている父。

 

子供育てるのは体力も時間もお金も必要。
でも子供を大きくなるまで育てても、自分も思う通りになる訳でもない。

 

 

ああ……子供いらないけど、

立派な喪主はほしい。

 

 

内田樹が、喪主不足が深刻な問題になるって
何か本にかいてたけど(みつけたら書く)、それに強く共感した。

 

子供不足、孤独死
それは、喪主不足。。。。

 

よく、テレビで結婚したい理由を聞かれた人が、

「老後が不安」

っていうけど、これは、
老後寂しく、誰も知らずひっそりと死に、
周辺住民に迷惑がられ、死ぬのが嫌。
という、最後まで人目を気にした理由である事が多い。

 

私もできればそれは避けたい。

というか正直ボケる前に死にたい。

でも、子供を持つ相手もいなければ、正直ほしいとどうしても思えない。

自分のやりたいことをやってるのが今は楽しいし、

自分がアレルギー体質だし変人だしで、まともな子供が生まれ、育つ気がしないからだ。私のような変な子を育てるのも大変そうだし←

 

だから、喪主がほしい。

 

高齢化が日に日に進んでいるようなので、

私がババアになるぐらいには、喪主代行とか、

老人には監視がついてて、何かおきたらシステムが反応して…。

っていう行政サービスとか一般的に広まってると信じることにする。

友達少ないから、葬式とか多分いらないから。

最低限の片付けと死亡届だけよろしく。

お金余ってたら美術団体に寄付して。。。

(喪主ってか後見人か?)

 

私も、いつか働けなくなって、年をとって・・・。

と不安になることがあるが、
死んでまで誰かに迷惑かけないと考えるほど
優しい人間ではない、と思って気持ちを落ち着ける。

 

頑張ってどうにか結婚して
自分が子供産んで立派な喪主にするってのも、
意味不明だし、子供かわいそうだしな。

 

 

もう昔の

喪主がいて、親戚みんなが協力して、

その姿をみた子供が喪主して……

なんてのは、日本の将来にはなくなってくるのかもしれない。

 

私ってワーキングプアだったんだ!(?)

 

 

とある掲示板で、自分の貯金額と収入などを書き込んだ。

 

 

すると、

「ワークングプアだね」

と。

 

 

調べてみると、一般的に、ワーキングプアは、

正社員、もしくは正社員並みに働いているのに、

生活保護の水準に満たない収入しか得られない労働者のようで、

ワーキングプア - Wikipedia

一般的に、年収200万以下といわれている。

 

私も年収を改めて考えてみると、

ギリギリ額面200万円こえてるくらい。

(それとこっそり知り合いの手伝いで数万円のバイト代もらっている)

 

でも、貧困とかワーキングプアって、

もっと生活ギリギリで食べるものにも困るっていう感じだと思っていた。

池上彰氏が、テレビ番組で、「相対的貧困」と「絶対的貧困

が報道や話し合いの際にごちゃまぜになっていると言っていたが、

私もそうだった。

 

たしかに、毎月ギリギリ黒字の生活で、

恥ずかしながら働き始めても当分は親から仕送りをもらっていた。

 

ちなみに

・院卒

・一応正社員

・一人暮らし

奨学金返済中

 

という、まさに現代の問題を集めている状況であった。

でも、今まで自分に対して「貧困」とあまり思ったことがなかったのは、

親が安定した収入があったからだと思う。

食べるものに困るくらいだったり、もし職がなくなっても最悪頼る実家・帰る実家がある。

親が私のような収入であったら、私は都会に進学することも、

就職して一人暮らしすることも絶対不可能だっただろう。

 

だって、学生中に奨学金をもらっていたとはいえ、

私が親から受け取っていた家賃・生活費は、私の今の収入とほぼ同じだからだ。

 

 

私が働いているのは特殊な業界であり、

一般的にあまりお金にならないといわれている。

普通の就活がうまくいかなかった私は、卒業寸前で今の職場の人とであい拾ってもらった。

 

だが、この業界でのキャリアアップというものが見えてこない。

業界の先輩方にお話聞いても、あまり希望がみえてこないのだ。

別にお金を稼ぐ目的ではないけども、

このままギリギリで、年齢だけ重ねていって果たして大丈夫なのか?

男の人に依存するということもできない私が、

どういった道を歩むべきか。

というか、私の努力次第でもっと現職場も利益が上がるはずなので、

私の努力不足ではないか!?なども考える。

 

とにかくがむしゃら?に、目の前のことに取り組みつつ、

将来のキャリアアップに向けて動きたい。

 

 

どうなることやら。。。

 

 

 

彼氏が出来てわかったこと(長い)

 

自分が都合悪いときや忙しい時には
放置していてもよくて、
都合がいい時には、デートスポットに一緒に出かけて
自分の話にをおもしろがって聞いてくれて、
会話がとぎれることもない。

基本的にずっと機嫌がよくて、
機嫌が悪い時にも、なんで機嫌が悪いか明確に話してくれる。

そして、結局自分の非を認め謝罪してくれる。
デート中に友達からの連絡に答えても怒らずに楽しくしてくれる。
褒める言葉も別にいらない。
すっぴんも寝起きも可愛い。

 

 

そ ん な や つ は い な い

 

そうだ、

2次元へ

行こう 

 

☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆

20代も半ばになり、
初めて彼氏ができた。

 

しかし、3ヶ月半で先日別れてしまった。

 

最後にいったのは、某大人気テーマパーク

ハロウィーン期間ということで、日が暮れるとゾンビが徘徊するんだけど、

もう、ゾンビよりも二人の雰囲気の方が怖かった。

 

☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:☆:;;:・:;;:・:;;:・:;;:・:;;:

元彼氏は、

今まで学んできたこととか全然違う人で、

仕事忙しいけど、週末に予定があえば遊ぶといった感じだった。

 

ほんとに良い人だけど、

連絡がと3日とれなかったり、会っている時に友達と連絡をとってたり、

普段好きとかかわいいとか言わない彼氏に対して、不安が募っていっていた。

不安ってだけで夜一人で泣いたりしていた。ほんと暇だな私。

 

今思えば、私は彼氏が初めてっていうので、期待しすぎていたのかもしれない。

 

最後のデートの日

 

距離感をつかめてきたかなって

思ったところで、某テーマパークの話があがった。

 

私は、いつも自分の趣味に関する場所にばかり行きたがって、

(それについて来てくれたことにはほんとに感謝している)

彼氏は、いわゆる「デートスポット」をよく希望していた。

私に気を使っていたのか、彼女とデートスポットに行くことに対する

憧れがあったのか?、それは謎。

 

ちょっと体調が悪い時期でもあってけど、せっかく日程も気候も合ったので、

行くことになった。

 

私も彼氏も楽しみにしていた。

 

彼氏が私と合っている時に、

友達とかとラインするのは、私というのがつまらないからと思い、

アトラクションの待ち時間もできるだけ話をふっていた。

 

しかし、昼ご飯の時に、写真を撮ると逐一写真を他の人に送っているようで、

スマホを机のはしにおいたまま食事していた。

スマホ見ながら笑顔だった。

 私は心の中で『え? これって私必要なのかな?』

とつくづく疑問に思った。

 

取り残されている感じ。

それで、ちょっとしんどくなってしまった。

 

それを軽い感じで注意できたらいいのだろうが、

それができなくて黙ってしまって……という悪循環。

 

そのあと、とあるアトラクションがお互い気に入ったので2度目に並ぶことになった時、

「一人乗り」という列があった。

基本的に二人乗りの乗り物だが、

一人乗りの列に並ぶと、知らないだれかと隣合わせになるきまずさの代わりに、多少早めにアトラクションに乗ることができる。

そこで彼氏が「僕はどっちでもいいよ!」

と言ったのだ。

 

そこで、何かがもう限界がきた。

たぶん、普通に元気な時だったら気にもとめないだろうし、

彼氏が悪気があって言ってるわけではないことはわかる。

でも、でもさ、その乗り物はさっき一緒に乗って手繋ぎながら乗ったのに。。。

って思ってなんか、結局声絞り出して「せっかくだから2人乗りで」

としか言えなかった。

 

それから地獄の列並び。

なにか話そうとすると泣きそうで、

彼氏が話しかけてくるのに、不機嫌な感じで答えるしかできなかった。

向こうが、こっちの様子が変わってることにすら気づいてないんじゃないかと思うとさらに泣きそうになったけど、さすがに良い歳のばばあがここで泣いたら

SNSで晒し者になるかなとか考えてた()

 

乗る直前に「一人のほうが良かった?」って聞いたら

「いや、でも別の人とだときまずいし〜」

って。なんだよそれって思って、気にしてるのほんと自分だけで馬鹿らしくなった。

 

そのまま、私がほぼしゃべらず

お土産をみるなどしてどうにか帰った。

帰りの電車でも彼氏はスマホを見て楽しそうだった。

 

帰宅後

 

帰ってから、

このままではだめだって思って、

「一緒にいる時にラインはやめてくれ」って送った。

 

すると、「不機嫌なのはそれだったのか」といった

返事が返ってきて、向こうも私の態度にいらついていたようで、

「その時に言って!」

「友達に彼女との楽しいのを自慢して悪い?」

という、キレてるのか、ポイント稼ごうとしてるかよくわからない文面が送られてきた。

 

 

その先は、

もう負の送り合い。

 

さらに彼氏は、「この際だから……」

と、いろいろ今までの不満などを送ってきた。

いや、そっちこそその時言えよと思ってけどさ。

 

一つは、

私が話の反応悪かったり、無言な時があって不安だったこと。

 

二つ目は、

前仕事ですごい落ち込んだ時に、励ましてほしかった。

 

 

といったことだった。

 

一つ目に関しては、私の人見知りのせいである。

私は一緒にいれば、ずっと話してなくていいかなぐらいに思っていたけど、

そんな悪く思われているというのは、割とショックだった。

彼氏の前ですら常にがんばってしゃべらないといけないのか。。。

あと、あまりに今までの興味ある分野が違いすぎて、

話にくいつけずに反応が薄かったというのもある。

付き合った当初は共通のアニメの話で盛り上がってたけど、

あまりにいる時間が長いと、話がつきた時に根本的な興味の方向が違うと

結構しんどいんだということがわかった。

最初は、『違う分野の人といると自分の知らないこと知れて良いだろうな🎶』

ぐらいにしか考えてなかったけど、あまりに独特の興味分野に行きすぎてる人間同士には難しいことが判明した。

 

二つ目の件に関しては、

正直微妙なところだ。

その問題の日、待ち合わせをしていたのだけど、待ち合わせ時刻から20分ほどして

ドタキャンくらっていたのだ。

そのあとに、「ごめん!」というのと、仕事で超絶へこみなう(顔文字)的な

軽い感じの文面が送られてきて、正直キレていた。

 

その数日後に、深刻な文面で、ほんとうに落ち込んでいると送られてきたけど、

待ち合わせ時の私の心理状態で相手を励ますという

広い心などは存在していない。

しかも、そのことを今の今までなぜか我慢していたのだ(これは優しさなのか?)

もうここまでくると、ちょっと直すとかじゃない。

私はそんな広い心の持ち主ではない。残念ながら。

 

 

さらに私は、今までの彼氏に対するめんどくさい細かい指摘を

送りつけたら、彼氏ももうそれは無理だってことになった。

そんなこんなで、別れることになった。

 

・その後

 

わかれて2日間くらいは、

ラインで「今までありがとう」的な

どうでも良いやりとりをしていたこともあり、

後悔なのかよくわからないけど、泣きまくっていた。

別れてから初めてラインで好きと言ってくれたけど、

私はほんとにその言葉だけが聞きたいだけでじたばたしてたんだとわかった。遅いけど。

職場でご飯食べながら泣いていたからほんとにキモかったと思う。

 

でも、3日目くらいに、ふと

 自由だ・・・

 

と気づいて、たまらなく嬉しくなった。

好きという気持ちも、嫌われているんじゃないかという不安からも

解放された。

休日にどこにいくか、金はいくらかかるか、

本当は他に行きたいところあるけどマイナーすぎていけないとか、

そんなことから解放された。

 

 

彼氏ができる前は、

『付き合うのっていろいろ嫌なことあるっていうけど、

 どうせ楽しいだろな〜〜』

くらいにしか考えてなかったけど、

今まで持った友情の延長とかでなく、

本当に恋は盲目というように、恐ろしい違う感情であった。

 

 

彼氏ができてわかったことは、

 

人の気持ちなんてわからねえ

 

ということだ。

 

そして、わかりたいと思えなくなったら終わりであるということだった。

 

ちょうどその時読んでいた、内田樹氏の 『街場の現代思想』(2008)文春文庫

 に、以下の文がある。

 

 「結婚とは「この人が何を考えているのか、私には分からないし、この人も私が何を考えているか分かっていない。でも、私はこの人にことばを贈り、この人のことばを聴き、この人の身体に触れ、この人に触れられることができる」という逆説的状況を生き抜くことである」(p.162)

 

本当に、本当に、こっちが

それが正当なことだと思って言っても、違う常識が向こうにはある。

もう、自信がないとか言ってる場合ではない。

今までのやり方では無理だと痛感した。

 

 

 

これから、 自分はどうするんだろう。

たまに、元の彼氏とどうにか一緒になっていたら、

安定した収入、しっかりした家系、親戚もみんな幸せ・・・?

だったのかもしれないとも思う。

でも、まだ私には無理だろう、たった3ヶ月半の逆説的状況を生き抜けなかったんだから。

 というか、あんな真面目な良い人とうまくやれないのって

明らかに私が頭おかしいからである。

すぐにこうしてネタにしようとするという所もひねくれている。

もう、頭おかしいなりに、自由にその道を極めたいなと改めて思いました。

 

 

 

 

あと、

次回彼氏もしできるのであれば、

もう少しイケメンがいい(クソ)

 

 

 

 

 

 

『森村泰昌 自画像の美術史「私」と「わたし」が出会うとき』私的感想

 

こんにちは

 

気がつけばまた時間が空いた更新となってました。

 

自分の考えを文字にしてもとめることや、

みたものを思い出し、再考するためにもブログを書こうと思います。

ささっと感想です・・。

 

国立国際で開催している

森村泰昌 自画像の美術史「私」と「わたし」が出会うとき』

をみてきました。

展覧会場は撮影OKとのことで、何個か写真を載せます。

 

森村さんといえば、関西を中心に活動されていますよね。

美術史上で有名な絵画に自ら扮し再現し、それを撮影した写真作品が、

彼の代表的な表現方法として、注目されていますよね。

 

この展覧会は、約1時間ある映像作品も公開しており、

わたしは先にそれをみてから、他作品をみました。

(美術館に行く前に、映像の公開時間のチェックをおすすめします!)

 

 

 

作家と作品の関係性、

 

作家は死ぬけれども作品は生き続ける。

 

生き続ける作品の中の作家は、生き続けるのか・・???

 

森村さんが他の作家になりきったセルフポートレートは、

自分自身のセルフポートレートなのか?

 

自らの手で描いていない作品

自分が素材の一つとなる作品。

 

 

ーー

 

 

自分がなりきる作品の選定の基準がどうなのか、

今考えています。

 

なんだか、

別にいいんですが、

作品をみてる途中から、美術だけど、技術?発表を

みているような感覚にもなりました。

こうなると、ちょっとしたセットの雑な部分とかが

気になってくる・・。

 

 

作品を忠実に再現しているだけでなく、

海外のお金が、森村さんの再現では日本円になっている・・といった

変更点もあるのですが・・。

 

 

森村さんの表現の新たな試み?ももっとあってもいいのではないかと

思いました。

(わたしが気付けてないだけなのか・・。)

 

 【展示風景写真】

f:id:sakiika2:20160623214200j:plain

f:id:sakiika2:20160623214201j:plain

f:id:sakiika2:20160623214207j:plain

 

 

ささっとした感想ですが、

とりあえずアップ!

 

 

小山登美夫の本三昧 感想

 

f:id:sakiika2:20160222235521j:plain

  

『"お金から見る現代アート

表紙からしてもですが、読みやすいようなつくりになってます。一章タイトルが「なぜ村上フィギュアが16億円になったのか」ですからね!

ギャラリーは、アートとお金の流れの一つとして描かれていて、アートとお金に関わる様々な立場の人(アーティスト、ギャラリスト、コレクター)がでてきました。

また、所々で世界と日本のアートにお金を出すことに関する違いにも触れられていて、小山さんならではでおもしろかったです。(日本では、一つの物を代々受け継ぐべきという感覚があるため、アート作品を買ったとしても、次に回っていかない等々・・)

 

現代アートビジネス』

小山さんの生い立ちから、ギャラリー立ち上げ、海外のアートフェアへの進出のこと

アート作品を買うこと、マーケットがつくられることについて描かれています。

 

奈良さんや村上(隆)さんの作品 って、サブカルのイラストのイメージがありますよね。

私も少しそうですが、それがアートなのか?イラストであり商品なのでは?

といった抵抗感が多少あるような気はします。

ですが、キャラクターのようなモチーフだから商業的とかイラストというのではなく、

多くあるうちの表現方法の中から選んだのが、そうしたキャラクター的に見えるものだっただけに過ぎないんだと改めて考えさせられました・・(うまく言葉にならないけれども)。

 

 

『小山登美夫のなにもしないプロデュース術』

他2冊よりも、小山さんの作家の選び方とか、作家の付き合い方が

細かくかいてあった。

 

個人的に、おもしろかったのは、ギャラリーに作品展示する時に、どういうことを意識するかという点が挙げられていたところ。

 

でも、もっとほんっとに細かく、その作家を選んだ理由を、作品のどんなとこからかというのを、細かく語ってほしかった!めっちゃおもしろそう。逆に、どんな作品はダメと思うのかとか、それは何作品くらい見た時に思うのかとか・・。(最初ダメと思ったけど、だんだん良くなっていった作家といかいるのかとかとか)

 

最近キュレーターの南條さんの本を読んでたからか、ギャラリストがキュレーターと違うと思ったのは、展覧会コンセプト先行ではなく、その作品・作家をみせることをより重要視している所だなあと。

 

南條さんは、企画する展覧会が美術史上で、どんな意味をもつのかをとても考えている。小山さんは、作家のある作品が、美術史上でどんな意味をもつのか、オリジナリティを持つのかとても考えてるいるように読み取れた。

 

それぞれ方法は違えど、今までの歴史をよみとった上で挑戦的な試みを行っていっているんだなと、ほんとに尊敬する・・。

 

 

まだまだ視野が狭いので、じっくりじわじわ世界を広げていきたい!!

 

『美術館をめぐる対話』感想

こんにちわ

 

最近読み終えた

西沢立衛(にしざわりゅうえ)さんの

『美術館をめぐる対話』の感想です。

 

f:id:sakiika2:20160129112738j:plain

 

 私は以前、収蔵作品を持たないアートセンターとよばれる施設について研究していた時期もあり、こうした美術館の変化や作品との関係についての話はとても興味があります。

 

 この本では、西沢さんと、美術館に関わる建築家、アーティスト、作家、キュレーター等様々な人の対話が掲載されています。

 

 

☆・・・☆・・・☆

 西沢さんといえば、妹島さんと設立したSANAA

設計した金沢21世紀美術館が有名ですよね。

 

 本の中で、ご本人は美術館の建築家としてはそんなに多くを設計していないと何度も言われています。でも、そういった人のアイディアが、2000年以降の美術館に求められていたということだと想いました。

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆

特に印象に残った部分について

・三章(南條史生さんとの対話)

 十和田市現代美術館(行きたい←)や奈義町現代美術館のような

常設展(パブリックアート?)メインに建設された美術館について。

 ハコ→色んなモノ(作品)よいうより、

 モノ&ハコというように、

特定の作品をメインにしているような美術館がありますよね。

 

 これみていて、伊藤寿朗さんの『市民の中の美術館』(1993)の「博物館の3つの世代」を思い出しました。

 

 ・第一世代・・・「国宝や天然記念物など、希少価値をもつ資料(宝物)を中心に、

  その保存を運営の軸とする古典的博物館」。つまり作品先行です。

  おそらく、観光地などにある○○○像みたいなのがある博物館みたいなとこかなと。

 ・第二世代・・・「資料の価値が多様化するとともに、その資料の公開を運営の軸と

  する現在の多くの博物館」。

  文化施設建設ブームで建てられた多くの美術館ですね。 

  常設展は行われているものの、企画展で人を呼ぶことが多い所だと想います。

 ・第三世代・・・「社会の要請にもとづいて、必要な資料を発見し、あるいは

  つくりあげていくもので、市民の参加・体験を運営の軸とする将来の博物館」

  これが、市民参加が不可欠で、収蔵作品をもたないアートセンターでは

  ないかなーと考えています。

 

 上記の論理は、20年ほど前のもので、しかも美術館ではなく博物館のことなので、

まあはっきりあてはめられるかはわかりませんが。

※博物館は、美術館、歴史博物館、水族館、等々すべてを含んでいる。

 

 

で!

私が言いたかったのは、

2000年以降、第三世代の博物館(美術館)が増えていると思っていたら、

2010年以降?(まあ、奈義町は1994と早いですが)、第一世代の博物館に回帰してるのでは??ということです。

 

 p.119で南條さんは、ハコをふやすというよりも、作品があって、それを守るためにハコでおおったという見方もある。

という風に発言しています。

つまり、ハコをつくっておいて、何でも対応できる!!その企画展ごとに客を呼ぶ!!というよりも、作品があって、そのためにハコをつくる。そこにしかないから、その貴重さで人を呼ぶ!(?)というモノ先行の美術館なんですよね。

 

 でも、「そこにしかない」というのは、言い方を変えると「それしかない」

ということでもあるため、集客の面では難しいこともあります。

 ですが、本当に価値あるものであれば、注目は続く・・と思いたいですねえ・・。

 

 

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆

・五章での、妹島さんとの対話

 

 ここで、「公共・パブリック」とはという話が出ました。

 そこで、西沢さんの、アメリカ人はパブリックという概念を、「自分のもの」、「自分が使えるもの」という理解をしているとの発言。 

 これは、なんかハッとしました。

 

 公共・パブリックっていうと、日本だとすぐ「税金」のイメージがあるんですよね・・。で、文句言う人は、「私が払った税金なのに、こんな美術館いらない!!」とか言いますよね。ですが、その逆で、「私はこの美術館や企画で、こんないい経験してるから、いる!!」みたいな発言ってあまり聞かないですよね。そんなことを言うと、自己中心的みたいな風潮があるような・・。

 この章で、西沢さんが最後に「公共とか集団というのは、考えてみれば、帰属するひとりひとりの主体性や個性、独創性が重要」との発言がありました。公共というぼんやりとしたものを恐るよりも、自分や周囲の人という個人個人が、公共の一部であることを認識したいと本当に想いました。

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

 ざっとした感想になってしまいました。

 この本は新書ですし、対話形式でもあるため、明確な歴史とかが載っているわけではありません。

 私は、この本を読んで、建築が環境やその時の周囲の状況という公共を意識して練られていることや、その地に残り続ける作品、美術館は、常に変わり続ける余地や柔軟性をもってきていると考えるようになりました。

なんか曖昧ですが、とりあえず感想おわりです!

 

 

 

青森いきたい!!!

  

 

 

 

 

 

ざざっと本感想 『現代アートの経済学』

こんにちわ

 

図書館でちょっと気になって読んでた本、

読み終わったので、返す前にわすれないためにも少しメモ。

 

(情報の不確かさ、感想の稚拙さはご勘弁を)

 

アートコレクターの宮津大輔氏によって書かれ、

2014年6月に発行されたこの本(光文社新書)。

f:id:sakiika2:20151218005219j:plain

 

アート系の本は、何冊か読んできてますが、

コレクター目線のものはおそらく読んだことないような・・。

 

コレクターといえば、映画にもなったハーブ&ドロシーが有名ですが、

日本でぱっと名前出てくる人っているだろうか・・。

私は、昔関わった展覧会で、関西で有名なとあるアートコレクターの方に

お話を伺ったことがあるのですが、

結構前で記憶が曖昧・・(頑張れよ)

 

ーー

そんな事前知識の中で、読み進めました!

※ほんっとうに個人的な感想ですのでご了承ください。

ーー

 

アート作品の過去の落札額に関する価格データや比較は、

ほんとにすごくしっかりされてました!

 

ふせんつけたとこ

「一過性のブームに踊らされることなく、その地域で開催される必要性を有していることや、安定的な財源の確保が国際展成否の鍵を握っています〜」(p.95)

これは、最近よく当たる問題で、

こういうことが書かれた記事をネットTAMでも最近読んでたからか目にとまりました。

 

 

もういっこ

とある会社社長の発言

「新世代のコレクターは時代の流れに敏感で、独自の視点に基づいたコレクションを形成している。彼らは伝統的な文化を継承する者であると同時に、新しい価値を創造する者でもある」(p.165)

 

コレクターが、芸術作品を収集することが、文化を継承し、次の価値を創り出すっていう考え方はあまりしたことなかったので、はっとしました。

作品を買うことは、ただ自分の手元に置いておきたいということだけではなくて、

作品に価値を認め、次世代につなげていくという意味もあるのかなーなんて

思いました。買うというのは、一つの流れを創り出すことだなーと。

 

 

本は全体的に、私の知識不足で知らない地名・人名・施設名が

たくさん出てきて、イメージがわきにくことが多くて、

ほんとに勉強不足を痛感しました・・。

 

作品の形態が、どこでも持ち歩けるもの主流だったのが、

その場でしかみられ(体験)できないものが増えてきた。

その中で、コレクターの存在はどうなるのだろうか・・。

 

地域のアートプロジェクトは、今は本当に各地で行なわれているし、

イベント性があって、人を呼びやすい。

 

ーー(話がずれます)

でも、あと10年したら、行政はお金を出してくれるだろうか。

打ち切りになるといった時に、

一回来た人が倍以上のお金を出してくれるだろうか。

体験型のアート作品は、たしかに”楽しい”。

ぱっと「きれい」って思えたり、探検してるような気分になったり・・。

 

でも、その一瞬の楽しさを得た人は、

本気でその作品や、アート活動がずっと続いてほしいって

思っただろうか。。。

 

地域のアートプロジェクトの開催場所で、

どんどん拠点施設ができていっている。

古民家や空き家、空き店舗の活用。

ハコに収まらないイベントが、ハコに収まっていく。

・・でも、そこにしかない「ハコ」の中の作品は、

     それだけしかない「ハコ」になってしまわないだろうか。。。

 

 

 

結局本の感想というより、最近の抽象的な意見になってしまった。