適当あーとブログ

適当な感想祭り 絵は楽しい程度に訓練中 アート作品はみる側メイン 自分の現実的な話も

★welcome★

私ってワーキングプアだったんだ!(?)

 

 

とある掲示板で、自分の貯金額と収入などを書き込んだ。

 

 

すると、

「ワークングプアだね」

と。

 

 

調べてみると、一般的に、ワーキングプアは、

正社員、もしくは正社員並みに働いているのに、

生活保護の水準に満たない収入しか得られない労働者のようで、

ワーキングプア - Wikipedia

一般的に、年収200万以下といわれている。

 

私も年収を改めて考えてみると、

ギリギリ額面200万円こえてるくらい。

(それとこっそり知り合いの手伝いで数万円のバイト代もらっている)

 

でも、貧困とかワーキングプアって、

もっと生活ギリギリで食べるものにも困るっていう感じだと思っていた。

池上彰氏が、テレビ番組で、「相対的貧困」と「絶対的貧困

が報道や話し合いの際にごちゃまぜになっていると言っていたが、

私もそうだった。

 

たしかに、毎月ギリギリ黒字の生活で、

恥ずかしながら働き始めても当分は親から仕送りをもらっていた。

 

ちなみに

・院卒

・一応正社員

・一人暮らし

奨学金返済中

 

という、まさに現代の問題を集めている状況であった。

でも、今まで自分に対して「貧困」とあまり思ったことがなかったのは、

親が安定した収入があったからだと思う。

食べるものに困るくらいだったり、もし職がなくなっても最悪頼る実家・帰る実家がある。

親が私のような収入であったら、私は都会に進学することも、

就職して一人暮らしすることも絶対不可能だっただろう。

 

だって、学生中に奨学金をもらっていたとはいえ、

私が親から受け取っていた家賃・生活費は、私の今の収入とほぼ同じだからだ。

 

 

私が働いているのは特殊な業界であり、

一般的にあまりお金にならないといわれている。

普通の就活がうまくいかなかった私は、卒業寸前で今の職場の人とであい拾ってもらった。

 

だが、この業界でのキャリアアップというものが見えてこない。

業界の先輩方にお話聞いても、あまり希望がみえてこないのだ。

別にお金を稼ぐ目的ではないけども、

このままギリギリで、年齢だけ重ねていって果たして大丈夫なのか?

男の人に依存するということもできない私が、

どういった道を歩むべきか。

というか、私の努力次第でもっと現職場も利益が上がるはずなので、

私の努力不足ではないか!?なども考える。

 

とにかくがむしゃら?に、目の前のことに取り組みつつ、

将来のキャリアアップに向けて動きたい。

 

 

どうなることやら。。。